施工へのこだわり
有限会社 柿沼石材 HOME > 施工へのこだわり

1.柿沼石材では、基礎も自社で施工

最近では砕石を用いた基礎工事が一般的になっておりますが、柿沼石材では「割栗石」を使用しての地盤整地を行っております。
基礎自体も30センチと厚めに施工致します。

※割栗石を少し重なるように置きランマーで叩き地盤を固める
※割栗石を少し重なるように置きランマーで叩き地盤を固める
基礎

2.基礎と外柵(腰石)を一体化

基礎に鉄筋アンカーを打ち込み



外柵を基礎と一体化することにより、外柵の石ズレ防止、耐震施工となっています。
基礎に鉄筋を指した図。
※腰石を据え付け、鉄筋アンカーを通した穴にモルタルを詰めることにより地震の揺れや土圧による石ズレをなくす。

3.専用接着剤の使用

昔はモルタルでの施工が一般的でしたが、お墓も耐震性が見直され、専用のボンドも開発されてきました。
シリコン系、エポキシ系など用途によって使い分けます。

4.L型金具、平型金具

さらに強固に固定するために金具を使用し、頑丈に固定!